玄米で健康な身体づくり

玄米のおいしい食べ方

玄米とは、精白されていないお米のことで、籾から籾殻を除去した状態を言います。
胚芽をつけているので、適度な水分と温度があれば発芽しますし種子にもなる、まさに生きたお米である証拠です。
ビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、完全栄養食とも呼ばれています。胚芽や糠には特に優れた栄養素が多く、ビタミンB群が豊富です。エネルギーを作り出す代謝を助ける働きがあり、人間には必要不可欠な栄養素の一つです。通常、炭水化物だけでは補えないため、おかずからビタミンを摂取しますが、玄米なら両方を摂取できるので「おかずつきご飯」といっても過言ではありません。
食物繊維も豊富なので、腸内環境を改善してくれる効果もあり、軟便や便秘に悩む方にもおすすめです。 こういった優れた栄養素をしっかり取り入れるために、よく噛んで食べることが大切となります。しっかり噛むことを心がけましょう。
玄米は、白米よりも水分を吸収しにくいため、炊く前の浸漬時間を十分にとることが重要です。また、米1合に対して0.3gの塩を入れることもポイントです。お米の生命力がアップし、水分も吸収しやすくなります。こういった炊飯ポイントをおさえておくことにより、さらにおいしく炊き上がります。
最近は普通に炊いて食べるだけでなく、粉にしてパンに利用したり、黒焼きして珈琲にしたりと、さまざまな方法でおいしく食べられるようになってきています。そのまま食べるのが苦手な方でも、加工されていれば食べやすいですし、独特な癖も気になりませんね。
また、レトルトのおかゆなどでも玄米を使用しているものがあります。一人暮取できないという方にもピッタリです。
らしではなかなか摂取できないという方にもピッタリです。

玄米の効果と食べる時の注意

玄米は精米された白米とは違って、ぬかや胚芽に多くの栄養素を含んでいます。ビタミンEが多いため、女性特有の悩みを改善することが可能です。ビタミンEは元々は不妊治療に関する研究で発見されたもので、ホルモンの分泌を正常にします。
よって生理不順や生理痛、更年期障害の改善に効果があります。また食物繊維が胃や腸の中で水分を吸収して満腹感を得られ、ビタミンB1やビタミンB2が糖質や脂質の代謝をサポートするので、ダイエットの時の主食に適しています。
ただし玄米は良く噛んで食べないと消化不良を起こしてしまいます。しっかりと噛むと満腹中枢が刺激されるメリットがあります。さらに玄米に含まれるフィチンは、食物繊維と同じように老廃物を除去します。フィチンは体内ではフィチン酸となり、有害物質と結合して体外に排出されます。解毒作用は非常に高く、添加物や水銀、鉛などあらゆる有害物質に対応できます。
フィチン酸は体内で必要なミネラルと結合することがあり、玄米ばかりを食べ続けるとミネラルが欠乏することがあります。影響は全くないと考える専門家もいますが、確実な結論がまだないため、白米と混ぜたり他の食べ物からミネラルを摂取しながら食べます。

おすすめWEBサイト 8選

戸塚区 訪問歯科
http://www.green-dental-clinic.jp/
パンフレット 作成
http://www.panffactory.com/
kaitotte[カイトッテ]|リユース(買取)に関する情報サイト
http://kaitotte.jp/
簿記1級に独学で合格
http://www.kaikei-tisiki.net/
離婚 相談 広島
http://licht-rikon.com/
栃木 インプラント
http://www.oikawa-implant.com/
タイ料理教室
http://pontdor.jp/thai/
名古屋のインプラント
http://www.crystal-dc.com/

最終更新日:2016/8/5